ケミカルピーリング 効果

皮膚科の医師の回答

ケミカルピーリングの効果のポイント

ケミカルピーリングが日本で行われるようになったのは1992年からといわれていますが、実は今ほどケミカルピーリングにはいいイメージを持っている人は少なかったといわれています。

 

その理由としては、今ほどケミカルピーリングが上手にできる医師が少なかったということもありますが、薬剤が強すぎる、上手に施術できない、肌への刺激が強いということもあって、消費者センターにも苦情があるほどケミカルピーリングは美容業界では賛否両論の美容方法といて知られていました。

 

エステで行われているケミカルピーリングというのは、医師が行うわけではありませんから安全面から考えてもあまりよくないということから、現在は、医療機関である美容外科や美容クリニック、皮膚科で主にケミカルピーリングは行われていますが、エステサロンでも若干行われています。

 

ケミカルピーリングの美肌効果があるのは角質を整えるというところにあります。

 

ケミカルピーリングに利用する薬液も肌に優しいフルーツ酸などを利用するなど、改良が重ねられ今のケミカルピーリングに至っています。

 

受けた後は、真皮の状態で、肌がとてもデリケートになっています。

 

赤ちゃんの生まれたての肌と同じだと考えてもらってもいいと思いますから紫外線に当たらないように十分にケアする必要があります。

 

そしてケミカルピーリングを行った後というのは一時的に肌の乾燥が気になることがありますから、普段以上に保湿するようにしましょう。

 

角質の層をはがしますから、ケミカルピーリング後は普段以上に肌への色々な物の吸収が進みますので、紫外線、刺激のある化粧品なども十分注意しましょう。

 

スポンサード リンク




Google |