ケミカルピーリング

皮膚科の医師の回答

ケミカルピーリングを受ける際の注意点

ケミカルピーリング治療を受ける1〜1ヶ月半前にレーザー脱毛やワックス脱毛等々を受けている場合ケミカルピーリングの治療は受けられないようです。

 

また、皮膚病やお肌の治療を受けている場合もケミカルピーリングは受けられない場合があるようですので皮膚科の専門医に相談してから申し込んだ方がいいです。

 

日焼けも禁物です。ケミカルピーリング治療の前日は顔剃り、スクラブ洗顔、パック、化粧はしないようにしてください。

 

ケミカルピーリングを施術してからはとても肌の乾燥が気になる状態になりますので化粧水、乳液などで保湿をしっかり行ってください。紫外線や肌荒れには十分注意しましょう。

 

またケミカルピーリングは化学反応によって角質を取りますから、赤身を帯びたりすることもあります。

 

人によってはケミカルピーリングを受けた部分の酸が濃かった場合に、かさぶたになってしまうということもあり、かさぶたが出来た部分は色素沈着になりやすいとされていますから、ケミカルピーリング後にかさぶたが出来てしまった場合には、十分なアフターケアをして、色素沈着を防ぐことが大切です。

 

効果があり安心してにきび治療などをするためにはケミカルピーリングを実際に受けたことのある人たちの口コミや体験談を聞くということはとても大切なことです。

 

ケミカルピーリングを実施している機関ではなかなかメリットやいい部分だけを知ることは出来てもデメリットやケミカルピーリングの副作用について知ることはできないことが多いのではないでしょうか。

 

スポンサード リンク




Google |