ケミカルピーリング 効果

皮膚科の医師の回答

ケミカルピーリングの美容方法

ケミカルピーリングの目的はにきび治療ややけどの治療など医療関係の肌の治療にも行われます。また、治療以外にしみを消したり、美肌のためにケミカルピーリングを行うということもあります。

 

ケミカルピーリングというのは、酸を使って皮膚に障害を与えて、それによって皮膚の表面の古い角質や表面の皮膚を新しく生まれたての皮膚にして、顔のにきびや背中のにきびを治療したり、毛穴の黒ずみやしみ、しわ、ソバカスなどお肌のトラブル改善に効果がある方法で皮膚の新陳代謝を高めるという美容方法です。

 

ケミカルピーリングに使う薬やピールする際の深さというのは、何を目的としてケミカルピーリングするかによってきまってきます。

 

皮膚科や美容外科で使用する薬剤というのは、グリコール酸、乳酸、サリチル酸など一種類ではありません、この他にも症状に合わせて使う薬が違って来ますので専門医の説明をよく聞くことが必要です。

 

自宅で手軽に行えるケミカルピーリング石鹸やピーリングジェルなどが通販で人気です。ピーリング石鹸はフルーツ酸というものが利用されていますが、皮膚科や美容外科などでは、グリコール酸を利用しているケミカルピーリングが多いでしょう。

 

ケミカルピーリング石鹸は、古い角質を取ってくれるだけでなく、しわを目立たなくさせることにも効果的な美容法としても人気があります。

スポンサード リンク




Google |